【PR】FX初心者が月収800万円稼ぐ方法!?

稼働率の低いパチンコ店を選ぶメリット・デメリット

パチンコ店の扉を開けた瞬間、空き台だらけで、ガラガラの状態だったら、この店は止めておこうと、打つ気にならない方も多くいると思います。見た目通り、お客様がいない訳ですから、営業や接客やサービス、もしくは立地条件などといった部分の何かしら欠点がある可能性は否定できません。

 

こんなパチンコ店のデメリットといえば、空き台がありすぎて、どの台が優良台かが分かりづらいという点にあると思います。狙いが定まらなければ、迷いが生じてしまい、勝つ事は難しくなってしまいます。情報を集めようとしても、常連客もまばらな為に、有力な情報も手に入りづらいのです。

 

POPやポスター等を頼りに、力を入れている機種を攻めようとしても、ずっと空き台の為に、回していない台が多すぎて、行き当たりばったりの勝負を、せざるお得なくなってしまいます。

 

そこが、低稼働店の最大のデメリットといえるのです。

 

しかし、そんなパチンコ店にもメリットは存在しています。空き台だらけという部分を、逆手に取り勝率を上げてしまえるのです。低稼働のパチンコ店では、あまり稼働していない台が多いので、時々思いもよらない動きをする時があります。高稼働店に負けない、爆発的な出玉を出す事もあったりします。

 

台は選びたい放題ですし、少し遊ぶだけといった、あまりパチンコに詳しいお客様が、集まってくる傾向が強いので、周りを良く見ていれば、あまり回さずに、止めてしまうお客様もしばしばいます。又、このようなお店で確実に勝とうとするならば、高稼働店以上に日々のデータ収集が不可欠になります。

 

それでさえも、稼働の良くないパチンコ店ですから、当たりの波が激しく動きが読みづらいからです。稼働していない訳ですから、お店側もなかなかデータが収集しきれていない可能性があります。

 

高稼働のパチンコ店は、お店の方に色々な細かいデータがあり、お店側が勿論有利になりますが、低稼働のパチンコ店では、稼働していない訳ですから、お店は詳しいデータ収集をする事が難しい状況になっているのです。

 

条件的には、お店もお客様もあまり変わらないという事です。お店が、どのタイミングで玉を出すか、設定を入れるかの癖を観察してみて下さい。低稼働のパチンコ店でも、勝率を上げる事は可能という訳です。但し、釘は締めまくり、設定はオール1なんていう事も多々ありますから、慎重に行動する事も必要となります。

 

敬遠されがちな、低稼働店ですが、考え方を変えてみれば、勝率アップも夢ではないかもしれません。近くに低稼働のパチンコ店しかないという方は、お店と勝負してみるのも面白いかもしれません。

 

ただし、基本的には低稼働の店で甘い汁を吸うのは上級者向けかもしれません。現在、収支が赤字の方は、ある程度稼働のある店で収支を立て直すのがオススメです。

【PR】FX初心者が月収800万円稼ぐ方法!?